先物取引は未来をCheak:元本割れをおこさない金融商品に預ける

資産運用の方法

資産運用をするには

株式

資産運用を初めてする人は元本保証されている金融商品がオススメです。元本保証の金融商品といってもさまざまな種類があります。いつでも自由に出し入れすることができる普通預金や一定期間預ける定期預金があります。これらの定期預金は銀行により金利の違いがあります。調べて、金利の高い銀行へ預けなおすのも資産運用の1つです。ネット銀行などは高い金利をつける傾向があるのでオススメです。仕組み預金は定期預金のようなものですが、中途解約しないことを条件に高い金利がついている商品ですので、中途解約をしてしまうと元本割れをおこす場合があります。仕組み預金は中途解約しないのがオススメです。 また、国が発行する国債や地方公共団体が発行する地方債なども信用度や安全性が高くオススメです。外貨預金などもありますが、こちらは為替で元本割れするリスクがあります。日本円にすることなく外貨のままでおいておく場合は元本割れすることはありません。

元本保証の豆知識

資産運用で元本保証を求めると高い収益を目指すことは難しくなります。高い収益を目指す場合はどうしてもハイリスクハイリターンの商品での資産運用となります。しかし、株券の場合は購入する株により元本保証に近い商品があります。それは長期間、安定した企業の株券です。倒産のリスクが少ない為、株券の価値が0になることはありません。完全に元本保証されている理由ではありませんが、購入する株券しだいでは元本割れを避けることができます。株券を購入するさいには慎重に購入する会社を見極めることが大切です。資産運用で元本保証をとれば収益は小さくなります。でも、確実に増やしていくことができる強みがあります。堅実にコツコツ増やしたい人には向いている資産運用の方法です。