先物取引は未来をCheak:元本割れをおこさない金融商品に預ける

気にしていきたい事

会社の概要

株式

都市綜研インベストバンクは、資産運用事業や不動産事業を行っている会社で、「みんなで大家さん」という小口の不動産投資商品を販売していることで注目されている会社です。 「みんなで大家さん」とは、多くの投資家からの出資金をまとめて都市綜研インベストバンクが管理・運用することで、不動産投資をわずらわしい雑務をせずに少ない金額から不動産投資ができるという画期的な商品です。 都市綜研インベストバンクは1998年創業の比較的新しい会社で、資産運用事業、不動産事業の他にシニア事業やホテル事業なども展開しています。意外にも会社の理念として力を入れているのはシニア事業で、加速する高齢化社会に貢献することがメインの事業理念になっています。

都市綜研インベストバンクの噂

近年「みんなで大家さん」が注目されているがゆえに様々な都市綜研インベストバンクに対する様々な噂がネット上に流れています。その主なものは「本当に信用できるのか」という噂です。 歴史の浅い都市綜研インベストバンクの販売する「みんなで大家さん」が、不動産投資のわずらわしい雑務をせずに小口で投資できる上に、利回り6%、元本割れの実績なしとうたっているために、逆に大丈夫かという噂がたってしまうのです。 都市綜研インベストバンクは認可が厳しい不動産特定共同事業法の認可をきちんと取っていますし、事業を行うための免許・資格もあります。会社自体に対しては信用しても大丈夫だと言えそうです。 利回りについては、不動産投資としては決して高くない、むしろ個人で投資を行うよりも低いかもしれません。元本割れについてもこれまでの実績であって、今後の元本保証を無責任にうたっているわけではありません。 噂にまどわされることなく、投資をする際には自分の目や耳で直接確かめて、納得して行うことをおすすめします。